サブヴィジュアル・オンラインショップ

鉄道、城郭、歴史物の本をお探しの方、購入希望の方は戎光祥出版へ

刊行ジャンル一覧

商品詳細

  • NEW
  • 話題の新刊(話題作)
ISBN:
978-4-86403-228-5

シリーズ・実像に迫る005 小早川秀秋

定価(税込):
1,620
関連カテゴリ:
歴史
黒田基樹 著

2017年2月刊行
A5判/並製/96頁

終生ついてまわった、羽柴家一門筆頭の肩書き。
秀吉の養子という立場は、人生をどのように規定したのか?
生涯をたどり、秀秋の素顔をあぶり出す。


【目次】
はしがき
口絵

第一部 羽柴家一門の貴公子

第一章 秀吉の養子と羽柴家一門
頻繁に変遷する名乗り/出自と生まれ年/秀吉の養子になる/羽柴家一門衆の序列/領国支配の開始/秀吉からの愛情/酒狂いを戒められる

第二章 小早川家を継ぎ大大名になる
異例づくめの小早川家への養子入り/小早川隆景の意図/備後国三原への下向と秀次事件の余波/小早川家の家督継承と隆景の隠居/本格化する筑前・筑後の領国支配

第二部 栄光、そして転落

第一章 運命を左右した朝鮮出兵の失態
最初で最後の総大将/蔚山城で明国の大軍を撃退/越前国北庄領への転封の謎/秀吉の遺言により筑前・筑後領国へ再封される

第二章 関ヶ原合戦での軍功
大坂方に味方する/大坂方の戦略で各地を転進/江戸方に誘われる/秀秋が「叛逆」したのはいつか/戦功を最大限に評価される

第三章 備前・美作二ヶ国の太守
備前・美作の二ヶ国を与えられる/家老平岡頼勝を誅殺し、家中騒動が勃発/領国支配の再編/秀秋、死去する

主要参考文献/基本資料集
小早川秀秋関連年表
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

オンラインショップ

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら


             新規登録

商品検索

商品ステータスから選ぶ
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • プライバシーポリシー