サブヴィジュアル・オンラインショップ

鉄道、城郭、歴史物の本をお探しの方、購入希望の方は戎光祥出版へ

刊行ジャンル一覧

商品詳細

  • NEW
  • 話題の新刊(話題作)
ISBN:
978-4-86403-245-2

シリーズ・実像に迫る009 松永久秀

定価(税込):
1,620
関連カテゴリ:
歴史
金松 誠 著

2017年5月刊行
A5判/並製/104頁

〝悪人〟か、〝名将〟か。
数々の虚像にまみれたイメージとはうらはらに、垣間見える築城の名手、有能な武将という実態。
なぜ、二度も信長を裏切ったのか?
そして、信貴山城での〝爆死事件〟の真相とは。


【目次】
第一部 三好氏配下としての久秀

第一章 三好家中における台頭
久秀の生年と出自
三好家で頭角を現す
三好長慶と細川晴元の抗争
滝山城主となる
滝山城の構造
義輝との京都攻防と和解

第二章 三好氏の重臣として大和を支配
大和に侵攻し、信貴山城を居城とする
信貴山城の構造
官位・官職から見る幕府との関係
多聞築城とその構造
六角・畠山・根来寺連合軍との抗争
徳政令の発布と大和支配
大和における反松永方との抗争

第三章 三好長慶の死による内紛
三好一族の相次ぐ死と将軍殺害
宣教師が見た将軍殺害前後の久秀
三好三人衆との対立と抗争
三好義継との講和と東大寺大仏殿焼失

第二部 信長との同盟、従属、まさかの謀叛

第一章 足利義昭政権下における久秀
織田信長との同盟
義昭政権と久秀
新市の設置と新たな知行割
三好三人衆との和睦と将軍義昭との不和
辰市合戦の大敗と筒井順慶の台頭
信長との対決
義昭との和解と信長による義昭追放

第二章 信貴山城を枕に敗死する
信長に降伏し多聞山城を引き渡す
織田配下後の動向と多聞山城の破城
久秀の最期と爆死伝説

第三章 久秀の家族と茶の湯
堺に居住していた母
丹波守護代内藤家を継いだ弟・長頼
少なくとも二人いた妻
各地の有力者に嫁いだ娘たち
久秀とともに戦った甥たち
茶の湯と名物茶器
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

オンラインショップ

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら


             新規登録

商品検索

商品ステータスから選ぶ
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • プライバシーポリシー