サブヴィジュアル・オンラインショップ

鉄道、城郭、歴史物の本をお探しの方、購入希望の方は戎光祥出版へ

刊行ジャンル一覧

商品詳細

  • NEW
  • 話題の新刊(話題作)
ISBN:
978-4-86403-246-9

シリーズ・実像に迫る010 荒木村重

定価(税込):
1,620
関連カテゴリ:
歴史
天野忠幸 著

2017年5月刊行
A5判/並製/104頁

戦国乱世を最も象徴する男!
信長に実力を認められ、織田政権の西国政策を担うなど、摂津の一国人から異例の立身出世を遂げた陰で起こした、突如の謀叛。
長きにわたる籠城戦の果てに、村重が描いた未来とは!?


【目次】
第一部 信長の重臣に成り上がる
第一章 池田氏の有力家臣として勢力を伸ばす
よくわからない荒木氏の出自
池田氏の重臣になる
勝正を追放し、反義昭方に
和田惟政を討つ

第二章 信長の重臣となる
信長に対して無二の忠節
義昭との交渉
西摂への進出
有岡城を本拠に
摂津の支配体制
西国政策を担って
本願寺との戦い
羽柴秀吉との葛藤


第二部 信長から離反し挙兵する
第一章 有岡城の戦い
なぜ村重は離反したのか
義昭・本願寺・毛利氏との同盟
黒田孝高を幽閉する
村重の誤算
長期籠城戦へ
城籠もり、小屋あがりする百姓
厭戦気分の蔓延

第二章 尼崎城・花熊城の戦い
尼崎入城の意味
村重の戦略と破綻
命を惜しんだのか?
本願寺と勅命講和
毛利領国への退去

第三章 道薫として生きる
黒田孝高からの書状
茶人としての村重
村重の末裔たち
村重という人物
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

オンラインショップ

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら


             新規登録

商品検索

商品ステータスから選ぶ
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • プライバシーポリシー