サブヴィジュアル・オンラインショップ

鉄道、城郭、歴史物の本をお探しの方、購入希望の方は戎光祥出版へ

刊行ジャンル一覧

商品詳細

  • NEW
  • 話題の新刊(話題作)
ISBN:
978-4-86403-248-3

狐の日本史――古代・中世びとの祈りと呪術

定価(税込):
2,808
関連カテゴリ:
歴史
中村禎里 著

2017年5月刊行
四六判/並製/330頁

キツネに翻弄される、平安貴族・足利将軍・戦国大名たち。
霊力をもち、ダキニ天や稲荷などと習合することで、徐々に信仰の対象となっていった狐。
人びとはなにに期待し、どう利用したのか。
さまざまな史料を駆使し、狐観念の変遷を丹念に跡づける。


【目次】
第一章 古代人は狐をどう見たか
第二章 狐落としの六字経法
第三章 和様ダキニ天の誕生
第四章 辰狐の登場
第五章 藤原氏の恩恵者
第六章 室町時代に頻発する狐付き
第七章 桂地蔵事件と中世の衆庶信仰
第八章 鳥羽上皇の寵妾と玉藻前伝承
第九章 安倍晴明の母にまつわる狐伝承
第十章 戦国武将と狐
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

オンラインショップ

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら


             新規登録

商品検索

商品ステータスから選ぶ
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • プライバシーポリシー