サブヴィジュアル・オンラインショップ

鉄道、城郭、歴史物の本をお探しの方、購入希望の方は戎光祥出版へ

刊行ジャンル一覧

商品詳細

  • NEW
  • 話題の新刊(話題作)
ISBN:
978-4-86403-267-4

戎光祥中世史論集第5巻 南近畿の戦国時代―躍動する武士・寺社・民衆

定価(税込):
4,104
関連カテゴリ:
歴史
小谷利明・弓倉弘年 編

2017年12月刊行
A5判/並製/262頁

河内・摂津・和泉・大和・紀伊を新たに「南近畿」として把握し、
権力や城郭から地域性を読み解く。
高野山や興福寺、一向一揆や寺内町など多種多様な宗教勢力を抱え、
独自の地域圏を形成した南近畿は、どのように武家権力と結びつき、政治史を彩ったのか。

【目次】
第一部 南近畿の在地社会と城郭
第1章 紀伊国における守護拠点の形成と展開(新谷和之)
第2章 山城から平城へ―― 一五七〇年代前後の畿内と城郭(中西裕樹)
第3章 文明の和泉国一揆と国人・惣国(廣田浩治)
第4章 戦国時代の大和にあった共和国(田中慶治)
第5章 織豊期の南近畿の寺社と在地勢力――高野山攻めを中心に(小谷利明)
第二部 戦国時代の河内と権力
第1章 河内王国の問題点(弓倉弘年)
第2章 木沢長政の政治的立場と軍事編成(馬部隆弘)
第3章 三好氏の本拠地としての河内(天野忠幸)
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

オンラインショップ

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら


             新規登録

商品検索

商品ステータスから選ぶ
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法に基づく表記
  • プライバシーポリシー