×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  日本の歴史

日本の歴史

  • 件 (全件)
  • 1

「国学」は町人や庶民が唱えたものでした 歴史からこぼれおちた国学の精神

~「国学」は町人や庶民が唱えたものでした 
        歴史からこぼれおちた国学の精神~

本日ご紹介するのは、「国学を学びたい初心者にとって読みやすくて面白い!」と好評で重版にもなりました、『やさしく読む国学』です!

国学とはなんだろう?日本や日本の文化とはいったいなんだろう?そんな疑問にやさしくお答えし、好奇心を刺激する1冊に仕上がっております!

▼はしがき(なぜ、いま国学を語るのか)より一部引用
皆さんは「国学」と聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。まず第一に、「古典」ではないでしょうか。古典と聞くと古臭いとか、高校時代に古典文法でしぼられたイヤな思い出を連想するかもしれません。

「国学」は決して古臭い学問ではありません。事実、江戸時代の儒教一辺倒の時代に、日本国の独自の文化を見つめ直すべきだとした「新しい総合的な学問」でありました。それも幕府など権力者側の人が言ったものでもなく、一介の町人や庶民が唱えたものでした。「国学」は町民や庶民階級の人々の身近な学問だったのです。

この本は「日本とは何か」「日本の文化とは何か」といった問いかけをした国学者の足跡を追っていきます。日本とは何かー。わかっているようで、実はわからないのではないでしょうか。そこから何かしらの回答が得られたら有意義なことだと思うのです。

平成の今日、国学者が見つめたわが国への温かいまなざしを改めてご一緒に感じてほしいのです。

【国学初心者の方が楽しんで読める内容!】
・蝶はテフ、鳥はテウー仮名遣いの矛盾点
・偽書も出回るほど売れた国学者の出版事情
・篤胤はキリスト教の禁書を読んでいた!?
・篤胤が夢中になって記した臨死体験
・国学にはない”政権奪取””他国侵略”
・山桜の美を日本人の情に重ね合わせた宣長
など、ついつい気になってしまう内容が盛りだくさんです!
興味がわいた方はぜひ!

▼書籍詳細
https://www.ebisukosyo.co.jp/item/171/

2018-05-01 16:59:57

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

島津斉彬は超がつく朝顔マニアで「2つビンタ」がニックネームだった!?

<#今日は何の日?>
#植物学の日 らしいので、趣味は #朝顔 の栽培だったと伝えられている島津斉彬の評伝、『シリーズ・実像に迫る011 島津斉彬』をご紹介!
 
【超がつくほどの朝顔マニア!?】
育てていた朝顔は数鉢ではなく、なんと数百鉢…!想像すると圧巻の光景ですよね。笑 また、朝顔といっても普通の朝顔ではなく、変わった花や葉が楽しめる変化朝顔だったそうです。(江戸時代には、何度か変化朝顔のブームが起こったといわれています!)
 
【ニックネームは「2つビンタ」】
ビンタと聞くとぶたれでもしたのかな?と一瞬思いますが、「ビンタ」とは鹿児島弁で「頭」のことを言います。「2つビンタ」といわれるようになったのは、同時に3つも4つものことを処理できるほど頭がよかったからだそうです。
 
そのほかにも、人々に対して深い思いやりを持ち、藩や身分に関係なく人材を登用・育成した懐の深い斉彬の実像に迫るエピソードがいくつも載っています!
 
ぜひ本書にて、多くの人から愛される彼の魅力を知ってください!
 

 

2018-04-24 10:11:35

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

~変貌する“戦国京都” 大路小路の栄枯盛衰!!~

<今日は何の日?>
地図の日 なので、多くの地図を使って戦国時代の京都を解説した、
シリーズ・実像に迫る012 戦国京都の大路小路をご紹介!
 
~変貌する“戦国京都” 大路小路の栄枯盛衰!!~
平安京の衰退、長きにわたる応仁の乱により、失われていった大路・小路。
一方、「上京」・「下京」の成立や、大路・小路から「通」への変化など、現在につながる新たな動きがあった。
次々に変化していく“首都”京都を、信長や秀吉たちはどのように支配したのか!?
 
京都の大路や小路について書かれたものは複数ありますが、
戦国時代という限られた時代に焦点を当てているめずらしい本書。
図版や写真がオールカラーということもあり、非常に読みやすいです。
 
読み進めていくと、本書を持って京都の街中を実際に歩きまわってみたくなります!

▼書籍詳細
シリーズ・実像に迫る012 戦国京都の大路小路

2018-04-19 12:22:06

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

~日本史上類を見ない、強烈な個性の将軍たち!!~

<今日は何の日?>
金閣寺上棟式 の日だそうです!金閣寺といえば、最近人気が高まってきている足利将軍の足利義満ですよね。
そこで本日は、室町幕府将軍列伝をご紹介。彼らのキャラクターや素顔を深く知りたい方は必見です!

~日本史上類を見ない、強烈な個性の将軍たち!!~
頻発する将軍の暗殺、更迭、京都からの追放。波瀾万丈な将軍たちの生涯とは裏腹に、
なぜ室町幕府は200年以上もつづいたのか…?数々のエピソードから各将軍の人間性に迫り、新たな時代像を切りひらく1冊です!

足利義満 …調べても調べても、出てくるのは悪評!?
足利尊氏 …“武家の棟梁”の隠された素顔にはナイーブな一面があった!
足利義量 …「大酒のみ将軍」の意外な真実!

そのほか、義詮・義持・義教・義勝・義政・義尚・義稙・義澄・義晴・義輝・義栄・義昭についても触れています。
コラムでは、直義・満詮・義嗣・義視・義維も取り上げ、足利将軍15代を網羅!

▼書籍情報
室町幕府将軍列伝

2018-04-16 17:14:12

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1