×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  インタビュー»  柴裕之先生!『図説 明智光秀』インタビュー

柴裕之先生!『図説 明智光秀』インタビュー

柴裕之先生!『図説 明智光秀』インタビュー

『マンガで読む 新研究 織田信長』の監修者、シリーズ・実像に迫る017『清須会議』の著者である柴裕之先生に、最新刊『図説 明智光秀』のインタビューをさせていただきました!

----------------

『図説 明智光秀』の依頼を受けたときの率直な印象はいかがでしたか?

光秀は前半生が不明な人なので、うまく編集できるのか心配でした。後半生では、とくに本能寺の変について、諸説あるなかでどうまとめることができるのか、不安でした。しかし、史料を丹念に追うことで、これまで光の当たらなかった新しい光秀像が描けるのではないかという期待もありました。



さまざまな評価がされる明智光秀ですが、書くのが難しかったところや、逆に楽しかったところはありましたか?

難しかったのはやはり前半生ですね。具体的には、そもそもどこの出身なのか、いつ生まれたのか、どういう身分の人なのかといった基本的なこともわからない人物なので、それをどう書いたらよいのかというところです。楽しかったというか、深めることができたのは丹波攻めです。本書では光秀の人生のなかで丹波攻めをメインで取り上げ、そこを掘り下げることができたのがよかったです。先ほど述べた光があまり当たっていなかった場面かと思います。また、光秀が担った役割というのが、光秀の人生を追うことでよりはっきりと見えてきたのではないかと思います。具体的には、「天下」の周縁を担っていた重鎮ということがわかってきました。

ズバリ本書の読みどころや推しはどこでしょうか?

史料にもとづいて、光秀の現在わかっている事績をまとめてみたことが何よりも重要だと思います。そして、それを補完するような、たくさんの図版を見ていただきたいですね。光秀本人だけではなく、一族や家臣も取り上げていることも大事ですし、後世、光秀がどのように評価されたのか、描かれていったのかを取り上げていることも読みどころですね。光秀を知りたいという方には、まずこの本を手にとっていただきたいという思いです。



柴先生は『マンガで読む 新研究 織田信長』『清須会議』『図説 明智光秀』で監修やご執筆をされており、信長・光秀、さらには本能寺の変後のことまでご研究を進めております。そこでみえてきた信長像、光秀像、または今後研究したいテーマなどはありますか?

信長については、『マンガで読む 新研究 織田信長』でも明らかになってきたように、同時代人としての像がはっきりわかってきたのではないかなと。光秀はまだまだわからないことが多いのですが、これまでと違って、謀反人とか常識人というレッテルを外した像が少しずつ浮かんできたのではないかなと思います。そうしたレッテルをはがした実像に迫る第一歩が『図説 明智光秀』だと感じております。今後は、『清須会議』を書いたことで構想が膨らんできた豊臣期の織田氏や、豊臣政権の中で主家だった織田氏がどのように位置づけられていったのかを研究したいですね。とくにキーパーソンになる信雄を中心に。また、織田氏の研究の成果をふまえたうえで、秀吉自身についても調べていきたいですね。

今回は明智光秀でしたが、信長家臣団には個性的で魅力的な人物がたくさんいます。光秀以外に好きな人物や思い入れのある人物はいますか?

『清須会議』で少し書いた柴田勝家ですね。清須会議後の「織田体制」を維持しようとしていたところに興味があります。あるいは、見直したい人物としては佐久間信盛ですね。一般的に能力の無い宿老として描かれていますが、大きな軍団を任されたり、信盛が本気で信長に諫言すると信長も思い直したりしています。はたして本当に能力の無いダメな人物なのか、もう一度考えてみたいなと思います。

最期に読者の皆さまに一言お願いします!

光秀について、現在わかっている基本的な事柄は、すべて『図説 明智光秀』に書きましたので、光秀を知りたい方はぜひお手にとっていただきたいですね。さらに、今後、光秀に関する史料が発見されていくと思うので、本書を土台に、研究がさらに進むことを願っております。それを踏まえて、改めて光秀の実像に迫ることができればと感じています。ぜひ、この本をお読みいただき、光秀が主人公になるという2020年の大河ドラマの予習をしていただければと思います。


----------------

柴先生、大変お忙しい中インタビューにご対応くださり誠にありがとうございました!再来年の2020年にはNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が予定されており、ゆかりの地を中心に全国各地で盛り上がりを見せています。すでに参拝客や観光客が増えてきているとのことですので、ゆかりの地めぐり等の予定がある方は今から動いておくとお目当てのものをゆっくり見ることができると思います。その際はぜひ柴先生のご著書である『図説 明智光秀』をお供にお連れください!


インタビュー日時:2018年12月21日

2018-12-25 13:49:56

インタビュー   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント