×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  中世武士選書4 箕輪城と長野氏

中世武士選書4 箕輪城と長野氏

近藤義雄 著
2011年1月刊行
四六判/並製/223頁

武田信玄、北条氏政の猛攻に屈せず、上野国を鉄壁の城郭ネットワークで守り抜いた長野業政。その一族の興亡を各種時代の一級史料を駆使して詳細に描く。

  • 中世武士選書4 箕輪城と長野氏

  • ISBNコード

    978-4-86403-031-1

  • 販売価格

    2,300円(税抜) 2,530円(税込)

在庫切れボタン

  •  【目次】
    第1章 戦国時代の上野国
    第2章 長野氏の生い立ち
    第3章 長野氏の城館と経済的基盤
    第4章 成長する長野氏と業政の登場
    第5章 長野業政を支えた最強“長野軍団”
    第6章 箕輪城の攻防戦
    第7章 長野氏が信仰した神社・寺院
    第8章 箕輪城の変遷

関連商品