×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  中世武士選書3 羽生城と木戸氏

中世武士選書3 羽生城と木戸氏

冨田勝治 著
2010年11月刊行
四六判/並製/236頁

成田氏の忍城と攻防を繰り広げ、上杉謙信が越後から救援に赴くなど、歴史を左右する戦国の城がかつて北武蔵に存在していた。

  • 中世武士選書3 羽生城と木戸氏

  • ISBNコード

    978-4-86403-027-4

  • 販売価格

    2,200円(税抜) 2,420円(税込)

在庫切れボタン

  •  【目次】
    第1章 羽生城とその周辺
    1 羽生城跡を探る 2 羽生城の支城

    第2章 羽生城主木戸氏・広田氏
    1 木戸氏の出自 2 鎌倉・古河公方と木戸氏 3 広田氏と木戸氏

    第3章 戦国時代の羽生城
    1 初期の羽生城 2 羽生城と皿尾城の攻防 3 危うし羽生城 ほか

関連商品