×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  その他»  「四分の一社会」に伸びる人伸びない人

「四分の一社会」に伸びる人伸びない人

篠田 暢之 著 新書判/並製/184ページ 同業他社間競争の激化が、国内の法人企業数を四分の一まで激減させてしまうだろうと予測される「四分の一社会」が静かに幕を開けた。この超縮小均衡型社会で、企業はいかにして四分の一に生き残っていくのか、そしてそこで働く社員たちに求められてくる資質と条件とは―様々な経済変化を予測してきた著者による、新時代の人材論。

  • 「四分の一社会」に伸びる人伸びない人

  • ISBNコード

    978-4-900901-92-6

  • 販売価格

    952円(税抜) 1,028円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 篠田 暢之 著 新書判/並製/184ページ 同業他社間競争の激化が、国内の法人企業数を四分の一まで激減させてしまうだろうと予測される「四分の一社会」が静かに幕を開けた。この超縮小均衡型社会で、企業はいかにして四分の一に生き残っていくのか、そしてそこで働く社員たちに求められてくる資質と条件とは―様々な経済変化を予測してきた著者による、新時代の人材論。 【目次】 第1章 「四分の一社会」に伸びる人伸びない人 第2章 経済問題にみる「四分の一社会」の現実 第3章 社会問題にみる「四分の一社会」の現実 第4章 生き残る企業に求められる人材とは? 第5章 自分を変えていくプロセス 第6章 生き残りの条件は「原点回帰」 第7章 今元気なのは「アナログ感覚」と「信義則」を大切にする人 第8章 同業他社間競争の激化がもたらす「四分の一社会」 第9章 千年に一度の大変革期に遭遇して 第10章 破綻国家・日本に生きる 第11章 幸せに生きるためのヒント

関連商品