×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ミステリー・文芸»  ミステリ珍本全集07 九十九本の妖刀

ミステリ珍本全集07 九十九本の妖刀

大河内常平 著 日下三蔵 編 2015年4月刊行 四六判/上製/509頁
第二期、刊行スタート!
刀剣研究家としても知られる著者が刀を題材に描いた怪奇ミステリを集大成!
菅原文太主演のカルト映画「九十九本目の生娘」の原作小説に、
長篇『餓鬼の館』と単行本未収録作7篇を加えた決定版!

  • ミステリ珍本全集07 九十九本の妖刀

  • ISBNコード

    978-4-86403-153-0

  • 販売価格

    3,200円(税抜) 3,456円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    PART 1 
    九十九本の妖刀 九十九本の妖刀   妖かしの老婆  山中の彷徨  名門藤影家の惨劇  署長室  入院した神官  奇祭ひづくりの祭り  鬼神降臨のあと  賑わう捜査本部  灌木と野草のあいだに  白山神社の御霊代  舞草の刀  九十九本の妖刀  はかどらぬ調書  人権尊重のとまどい  至急報の電話  束稲山の怪  鑑定家の疑念  解剖所見  ふかまりゆく謎  千年をへた髑髏  空前の不祥事  天を焦す篝火  秘境べこがせ村   狂信の部落  血塗られた洞窟 安房国住広正

    PART 2 
    餓鬼の館  遽しき赴任  庭前の人影  物の怪の幻覚  咲き競う花  妖しき陣屋の跡  狂乱の旅団長閣下  怪しの者  夢か現か  水藻に絡む髪  空に煌めく刀  幻の仮面  悲しき遺留品  謎の古文書  深夜の賊  寝顔に迫る影  竹藪の中の殺戮  天を焦す炎  草生す屍  休日の来訪者  血塗れの男  ヤクザ者の訴え  洞窟の宴  草の根を分ける捜索  陣屋跡の怪事  灼熱の地底  硝煙地を這う  かむろ屋敷の跡

    PART 3 
    単行本未収録短篇集 妖 刀 記 刀  匠 刀匠忠俊の死 不吉な刀 死斑の剣 妖刀流転 なまずの肌 巻末資料 大河内常平論 風俗派の奇人探偵作家 山村正夫 編者解題 日下三蔵

関連商品