×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  シリーズ・実像に迫る015 聖なる霊場・六郷満山

シリーズ・実像に迫る015 聖なる霊場・六郷満山

大分県立歴史博物館 編 
2018年3月刊行
A5判/並製/112頁

開山1300年!山岳信仰・天台仏教・浄土思想・修験などが融合し、独特な文化を育んだ国東半島。連綿と受け継がれてきた、神と仏が息づく奇跡の山の謎を解く!



 

  • シリーズ・実像に迫る015 聖なる霊場・六郷満山

  • ISBNコード

    978-4-86403-286-5

  • 販売価格

    1,500円(税抜) 1,620円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    はしがき
    口絵 六郷満山の美術と文化

    第一部 六郷山の成立と展開

    第一章 聖なる山の出現
    六郷山寺院の始まり/法華信仰の霊地と経塚/中世六郷山を総括した長安寺 

    第二章 聖なる山の変貌
    中世六郷山の衰退/組織的な峯入りの開始/峯入りによってなされた復興/修正鬼会の成立とムラとの絆

    第三章 聖なる山に響く近代化の足跡
    聖なる山の新時代/僧侶の養成に力を注ぐ/布教活動の活発化

    第二部 六郷山の文化と美術

    第一章 石で語られた仏教世界
    石に込められた祈り/国東半島の石塔/国東の磨崖仏/国東半島を代表する「熊野磨崖仏」

    第二章 造形に込められた祈り
    四つに分けられる仏像のグループ/くにさきの仏像/富貴寺大堂壁画の絵解き/表された壮麗な仏世界

    第三章 聖と俗の交わり
    鬼と火が舞う修正鬼会/鬼会面の色彩/子授け祈願と知恵の水/地域の信仰と六郷山寺院

    第三部 六郷山の寺院と岩屋

    第一章 おもな寺院と岩屋
    仁聞ゆかりの地から/田染荘より「惣山」屋山へ/奇岩連なる岩屋を経て/結願の地に向けて

    第二章 見えてきた霊場や峠道
    宇佐市域から杵築市域へ/豊後高田市域へ/国東市域へ

    主要参考文献/六郷満山関連年表

関連商品