×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  城郭»  図説日本の城郭シリーズ④ 築城の名手藤堂高虎

図説日本の城郭シリーズ④ 築城の名手藤堂高虎

福井健二 著
2016年11月刊行
A5判/並製/202頁

江戸城・大坂城などの縄張りを始め、層塔式天守・高石垣の技術・石垣上の多門櫓を考案するなど、〝築城3名人〟の一人と称されたその生涯と築城術を総覧する! 図版・写真も満載。

  • 図説日本の城郭シリーズ④ 築城の名手藤堂高虎

  • ISBNコード

    978-4-86403-225-4

  • 販売価格

    2,200円(税抜) 2,376円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    カラー口絵 はじめに

    序 章
    藤堂高虎とその家系 高虎の誕生/幼少期の逸話

    第一章
    若き日の高虎と賤ヶ嶽の戦い 浅井長政に仕える/運命を変えた羽柴秀長への仕官/秀長とその家臣たち/播磨・但馬へ出陣する/◆加保城(養父市大屋町加保字杉谷・篭谷)/◆田和城(養父市大屋町田和字西の谷)/◆竹田城(朝来市和田山町竹田)/鳥取城攻めで功を立てる/◆有子山城(豊岡市出石町内町)/中国大返しと山崎の合戦/ 賤ヶ嶽合戦で七本槍に次ぐ働き/合戦につぐ合戦―小牧長久手の戦いから九州征伐まで/◆大和郡山城(大和郡山市城内町)/◆和歌山城(和歌山市一番丁)/◆猿岡山城(紀の川市粉河町粉河)/◆矢倉山城(紀の川市粉河町)/◆赤木城(熊野市紀和町赤木)/◆聚楽第(京都市上京区中立売通)/◆家康の京都屋敷/小田原征伐と主君・豊臣秀長の逝去/後継者・豊臣秀保/◆名護屋城(唐津市鎮西町名護屋)/◆豊臣秀保陣屋(唐津市鎮西町名護屋)/水軍の将として渡海した文禄の役/◆安骨浦城(慶尚南道昌原市鎮海区安骨洞山)/◆指月伏見城(京都市伏見区桃山町)/高虎が高野山に隠遁する

    第二章
    宇和島城の構築と関ヶ原合戦 ◆宇和島城(宇和島市丸之内)/慶長の役で加藤嘉明と言い争う/◆順天城(全羅南道順天市海龍面新城里)/◆大洲城(大洲市大洲)/関ヶ原の戦い(岐阜県不破郡関ヶ原町)/◆河後森城(愛媛県北宇和郡松野町松丸)/◆甘崎城(今治市上浦町甘崎)/国境警備の城

    第三章
    膳所城・伏見城・今治城の構築 ◆膳所城(大津市本丸町)/◆伏見城(京都市伏見区桃山町)/◆今治城(今治市通町三丁目)

    第四章
    江戸城・駿府城・亀山城などを構築する ◆江戸城(東京都千代田区千代田)/縄張りを命ぜられる/◆駿府城(静岡市葵区駿府公園)/家康・秀忠との交流/◆洲本城(洲本市小路谷)/◆篠山城(篠山市北新町)/◆丹波亀山城(亀岡市荒塚町内丸)

    第五章
    伊賀上野城・津城の構築 ◆上野城(伊賀市上野丸之内)/◆津城(津市丸之内)/津城の大拡張/津城本丸の櫓の規模/◆名張城(名張市丸之内)/◆岡城(大分県竹田市大字竹田字岡)/高虎の家臣

    第六章
    大坂冬の陣・夏の陣と大坂城の修築 大坂冬の陣/大坂夏の陣/常光寺(八尾市本町)/家康との別れ/日光東照宮(日光市山内)/◆田丸城(三重県度会郡玉城町田丸)/◆大阪城(大阪市中央区大阪城)/大坂城の残念石

    第七章
    高虎晩年の造営事業 徳川和子の入内に奔走する/◆二条城(京都市中京区二条堀川西入)/生駒家を後見する/越前出兵と忠直配流/◆淀古城(京都市伏見区納所字北城堀)/◆淀城(京都市伏見区淀本町)/加藤嘉明との和解/寛永寺と上野東照宮の造立/南禅寺(京都市左京区南禅寺福地)/江戸屋敷と大坂蔵屋敷

    第八章
    高虎の最期と藤堂家の人々 秀忠・家光との交流/高虎の花押と黒印/高虎の逝去/高虎の家系/高虎を取り巻く女性たち/名張藤堂家の祖・高吉

    (コラム)
    出世の白餅/高虎の家臣たちⅠ/高虎の家臣たちⅡ/高虎の騎馬像/藤堂家の家紋/伊賀者と無足人 藤堂高虎年表/参考文献/資料提供及び協力者/あとがき

関連商品