×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  城郭»  縄張図・断面図・鳥瞰図で見る 甲斐の山城と館 上巻 北部・中部編

縄張図・断面図・鳥瞰図で見る 甲斐の山城と館 上巻 北部・中部編

宮坂武男 著
2014年4月刊行
B5判/並製/406頁

大好評の『信濃の山城と館』に続く姉妹編を刊行! 実測から起こした断面図を元に、著者自ら描きあげたカラー鳥瞰図をふんだんに収録し、縄張・断面・鳥瞰の三図面によって、すべての城館の現状を活写する好評シリーズ!全294城館+カラー鳥瞰図40葉を収録。

  • 縄張図・断面図・鳥瞰図で見る 甲斐の山城と館 上巻 北部・中部編

  • ISBNコード

    978-4-86403-104-2

  • 販売価格

    7,500円(税抜) 8,100円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  •  【目次】
    はじめに 凡例 カラー鳥瞰図(口絵)

    [第一部]北杜市・韮崎市・番所
    ◎城館所在地図
    〈1、北杜市〉
    1、鳥原砦(万燈火山) 2、教来石氏屋敷 3、鳥原屋敷(殿畑・教来石民部館) 4、馬場美濃守屋敷 5、曲渕氏屋敷 6、深沢砦(城山) 7、根古屋 8、横手氏屋敷 9、中山砦 10、星山古城 11、一条氏屋敷 12、柳沢氏屋敷 13、実相寺館(山高氏屋敷) 14、伝 山高氏屋敷 15、笹尾砦(笹尾塁) 16、観音平烽火台 17、平井氏屋敷 18、殿平屋敷(馬場氏屋敷) 19、西屋敷 20、島氏屋敷(島備前屋敷) 21、茅野氏屋敷(天皇屋敷・お天屋敷) 22、今井氏屋敷 23、御所屋敷 24、菅沼氏屋敷 25、小和田館 26、深草城(城) 27、南新居屋敷(堀内氏屋敷) 28、原村屋敷(入戸野氏屋敷) 29、向井氏屋敷 30、田中氏屋敷 31、三井氏屋敷(三井屋敷) 32、植松氏屋敷 33、塚川屋敷(守屋氏屋敷) 34、相吉氏屋敷 35、長坂氏屋敷(釣閑屋敷・長閑屋敷) 36、天白砦 37、中丸砦 38、谷戸城(茶臼山) 39、谷戸氏屋敷 40、城下の屋敷 41、寺所の屋敷 42、千野氏屋敷 43、米倉酒造之丞屋敷 44、十騎屋敷 45、大坪砦(大坪城・城山) 46、大坪の塁 47、大林屋敷(下条氏屋敷) 48、中尾根の塁 49、清水氏屋敷 50、梅ノ木屋敷 51、上蔵原の塁(中村氏屋敷) 52、小宮山氏屋敷(小宮山忠道宅) 53、大柴氏屋敷(才楽家屋敷) 54、日向大和守屋敷(於小路屋敷) 55、植松氏屋敷 56、新井館(白倉氏屋敷) 57、旭山砦(朝日山之塁) 58、長者屋敷 59、伝 仁王屋敷 60、浅川屋敷(藤都屋敷) 61、浅川砦 62、東原秋葉社烽火台 63、火の見山峰火台 64、若神子城 南城 65、若神子城 古城(大城) 66、若神子城 北城(大城) 67、若神子御所 68、藤巻伊予守屋敷 69、大豆生田砦(島崎城) 70、真田氏屋敷(真田隠岐守屋敷) 71、中尾塁(中尾城) 72、三枝氏屋敷(三枝土佐守宅) 73、獅子吼城(江草城・江草小屋・城山) 74、大渡の烽火台(城山) 75、馬場の烽火台 76、比志の城山 77、前の山烽火台 78、神戸の烽火台 79、和田の烽火台 80、黒森の烽火台(万燈火山) 81、岩下の城山(小森の烽火台) 82、又十郎屋敷(津金又十郎屋敷) 83、清水氏屋敷(清水縫殿助屋敷) 84、古宮城(古宮館・古宮屋敷) 85、丸茂右衛門尉屋敷 86、源太ヶ城 87、三井氏屋敷(市兵衛屋敷) 88、厚芝屋敷の内館(伝 小笠原長清館) 89、屋代氏館(屋代越中守屋敷) 90、堤屋敷 〈2、韮崎市〉 91、重久の烽火台 92、伊藤玄蕃屋敷 93、長坂氏屋敷 94、穴山氏館 95、能見城防塁 96、新府城(新府中韮崎城) 97、丸山の塁(隠岐殿) 98、弾正屋敷 99、伊藤新五兵衛屋敷 100、越石氏屋敷(輿石主水ノ宅) 101、入戸野氏屋敷 102、折井氏屋敷(折井市左衛門屋敷) 103、青木氏屋敷 104、水上氏屋敷(水上宗普宅) 105、白山城北砦(白山城北烽火台) 106、白山城(鍋山城) 107、ムク台烽火台(白山城南砦) 108、武田信義館 109、山寺氏屋敷(山寺甚左衛門宅) 110、永明院の塁 111、甘利氏館 112、扇子平山城 113、竹の内館 ll4、秋山氏屋敷 115、一橋陣屋 116、若尾上手屋敷 117、松雲寺の塁 ll8、光台寺の塁 119、駒井氏屋敷(駒井右京屋敷) 120、水上主水屋敷 121、日ノ出砦(日ノ出城・鷹ノ巣ノ塁・向原ノ砦・絵見堂山ノ砦) 122、今福氏屋敷(蔵之前屋敷) 123、中沢氏屋敷・曽雌氏屋敷 124、柳平烽火台(城山) 125、北下条の塁 126、北下条の屋敷 127、殿田屋敷 128、相垈の塁 129、南下条の屋敷 130、築江砦 〈3、番所〉 131、山口口留番所 132、小渕沢口留番所 133、笹尾遠見番所 134、大井ヶ森口留番所 135、小荒間口留番所 136、長沢口留番所 137、浅川口留番所 138、小尾(黒森)口留番所 139、根古屋口留番所 140、馬場口留番所 141、岩下口留番所 [第二部]甲斐市・昭和町・中央市・甲府市・笛吹市

    ◎城館所在地図
    〈1、甲斐市 2、昭和町〉
    142、勝山城(狐山古戦場) 143、長者屋敷 144、安部氏屋敷 145、一橋陣屋 146、土屋氏屋敷 147、長田氏屋敷 148、福沢の烽火台 149、観音峠烽火台 150、平見城烽火台 151、篠原の塁(三井氏屋敷) 152、飯富氏屋敷(山県氏屋敷) 153、堀の内 154、法印村前屋敷 155、源義清屋敷 156、殿屋敷 157、上河東屋敷 158、金屋敷 159、玄賀屋敷 160、杉野氏屋敷
    〈3、中央市〉
    161、下河東屋敷(伝 加藤梵玄屋敷) 162、林小兵衛屋敷(浪人屋敷) 163、竹之花館 164、代官屋敷(大道寺内蔵助屋敷) 165、田中但馬守屋敷(浪人屋敷) 166、御朱印屋敷(お浪人屋敷) 167、三井右近丞屋敷(三ツ井右近ノ尉屋敷) 168、中沢五郎右衛門屋敷 169、饗場修理亮屋敷 170、小池監物屋敷 171、田中氏屋敷(田中弥三左衛門屋敷) 172、今福氏屋敷 173、浅利与一館 174、城 原 175、跡部氏屋敷 176、石原氏屋敷 177、三枝土佐守屋敷 178、五味氏屋敷 179、小沢氏屋敷(小沢治三郎虎胤屋敷) 180、江間氏屋敷(江間幸左衛門守光屋敷) 181、萩原氏屋敷(萩原太兵衛包隆屋敷) 182、関原峠の砦 183、愛宕山烽火台
    〈4、甲府市〉
    184、御岳の城山(天狗山) 185、猪狩の城山(火打山) 186、川窪の城山(谷の城) 187、平瀬の烽火台(城山) 188、和田の城山(八王子山) 189、平瀬の城山をめぐる烽火台 190、法泉寺山烽火台 191、関 屋 192、湯村山城(城山) 193、小松山烽火台-A 194、小松山烽火台-B 195、鐘推堂山物見 196、不動ヶ崎物見 197、神宮寺氏屋敷 198、一の森烽火台(一の守) 199、太良峠の関口 200、一の平烽火台 201、要害城(丸山の城・要害山城・石水寺城・石水寺の要害) 202、熊 城 203、積翠寺山烽火台 204、躑躅ヶ崎亭候 205、躑躅ヶ崎館(古城・御屋形跡) 206、茶道峠烽火台 207、愛宕山砦 208、荒川屋敷 209、金竹氏屋敷 210、横田氏屋敷 211、上飯田陣屋 212、長禅寺前陣屋(甲府陣屋) 213、東光寺小屋敷 214、板垣氏屋敷(殿屋敷) 215、酒依氏屋敷 216、板垣山烽火台 217、桜井安芸守宅(武田逍遥軒屋敷) 218、川田館(川田陣屋) 219、落合氏屋敷(浪人屋敷) 220、小宮山氏屋敷(古屋敷) 221、御所村 222、小瀬氏屋敷 223、石田屋敷(小山田備中守屋敷) 224、今井氏屋敷 225、上野氏屋敷(堀之内屋敷) 226、落合氏屋敷 227、小曲氏屋敷 228、下曽根氏屋敷 229、向山氏屋敷 230、勝山城(曽根の勝山城) 231、右左口砦(城山) 232、金刀比羅山砦 233、右左口峠の砦 234、渡辺但馬守屋敷 235、土橋大内蔵屋敷 236、古関口留番所
    〈5、笛吹市〉
    237、上芦川口留番所 238、天狗山物見 239、新 城 240、古 城 241、古手城 242、お下屋敷 243、小川奥右衛門屋敷(熊奥さん屋敷) 244、信虎誕生屋敷(岩下越前守館) 245、清水陣屋 246、兜山烽火台 247、棚山烽火台 248、武田信重館 249、石和陣屋 250、八田家御朱印屋敷 251、平井氏屋敷 252、坊ヶ峯 253、間門陣屋 254、原氏屋敷(御屋敷) 255、石橋氏屋敷 256、早川氏屋敷 257、黒坂氏屋敷 258、金比羅山烽火台 259、米倉殿屋敷 260、米倉数馬屋敷 261、浪人屋敷 262、門之内屋敷 263、武田氏館(武田信成館・赤甲館) 264、奴白氏館(大屋敷) 265、飯田氏屋敷 266、下新兵衛屋敷 267、小山城 268、高家三郎屋敷 269、大木番所 270、花鳥山陣場 271、門林の殿屋敷 272、鳥坂峠烽火台 273、味噌粕山烽火台 274、茱萸沢の塁 275、朝日長者屋敷・夕日長者屋敷 276、大野対馬守の堡 277、二之宮氏屋敷 278、黒駒氏屋敷(黒駒十郎光信屋敷) 279、駒木戸口留番所(黒駒関) 280、御坂城 281、大野城(小物成山・愛宕山・城山) 282、瑞蓮寺 283、雨宮氏屋敷(雨宮摂津守宅) 284、筑前原の塁 285、浪人屋敷 286、塩田屋敷 287、古屋氏屋敷 288、新巻屋敷 289、地頭屋敷 290、早川氏屋敷 291、辻氏屋敷 292、三枝氏屋敷 293、蜂城(蜂城山) 294、旭山城(旭山烽火台・旭山砦・城山)

    [コラム:山城探訪こぼれ話]
    ①お茶を一服いかがですか ②富士はやっぱり日本一 ③山の小屋 ④ノートがない ⑤早朝の電話 ⑥関原峠の観音様 ⑦頂上の一歩は麓で一里 ⑧御坂峠の富士山

    【著者紹介】 宮坂武男(みやさか・たけお)
    1932(昭和7)年、長野県下諏訪町生。信州大学教育学部卒業。茅野氏永明小学校校長、岡谷市教育委員長等を歴任。 教職のかたわら昭和50年代から本格的に山城の研究に没入し、以後、三十数年の間に県内外の山城を悉皆調査する。 洋画家でもあり、その筆をもって描かれた鳥瞰図の美しさ、正確さは言を持たない。現在、県文化財保護協会会員。 著書に『図解 山城探訪』1-20巻、『縄張図・断面図・鳥瞰図で見る信濃の山城と館』全8巻(戎光祥出版、2012~2013年)ほか。

関連商品