×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  シリーズ・中世関東武士の研究 第26巻 今川氏親

シリーズ・中世関東武士の研究 第26巻 今川氏親

黒田基樹 編著
2019年3月末刊行予定
A5・並製・413頁

「今川仮名目録」を制定し、戦国大名今川氏の基礎を築いた名将の全貌に迫る!相次ぐ戦乱の展開、「仮名目録」や発給文書の性格、宗教勢力や連歌師宗長との関係など、さまざまな観点で検討した22本もの重要論文から、その事蹟と寿桂尼・義元へと続く大名今川氏の成長過程を明らかにする。

  • シリーズ・中世関東武士の研究 第26巻 今川氏親

  • ISBNコード

    978-4-86403-318-3

  • 販売価格

    7,000円(税抜) 7,560円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 【目次】

    総論 黒田基樹「今川氏親の新研究」

    第1部 今川氏親の生涯
     Ⅰ 足立鍬太郎「今川氏親と寿桂尼」
     Ⅱ 家永遵嗣「塩貝坂合戦の背景」
     Ⅲ 家永遵嗣「今川氏親の名乗りと足利政知」
     Ⅳ 見崎鬨雄「今川氏の甲斐侵攻」
     Ⅴ 吉田政博「駿甲関係にみる時衆と福島氏」
     Ⅵ 森田香司「今川氏親と文亀・永正の争乱」
     Ⅶ 久保田昌希「戦国大名今川氏の三河侵攻」
     Ⅷ 糟谷幸裕「三河舟方山合戦の時期について」
     Ⅸ 大塚勲「今川氏親年譜史料」

    第2部 今川氏親の領国支配
     Ⅰ 大石泰史「戦国大名今川氏の発給文書の研究――氏親・寿桂尼・氏輝を中心に」
     Ⅱ 長塚孝「戦国大名今川氏の西遠江進攻と直轄領支配――大福寺文書を素材として」
     Ⅲ 黒澤脩「今川氏親と曹洞禅――石雲院崇芝性岱と五派を中心として」
     Ⅳ 黒澤脩「今川家執権雪斉長老と寿桂尼」
     Ⅴ 今枝愛眞「戦国大名今川氏と禅宗諸派」
     Ⅵ 松平乗道「今川仮名目録」
     Ⅶ 鶴崎裕雄「駿河における柴屋軒宗長――「宇津山記」を中心として」
     Ⅷ 鶴崎裕雄「連歌師宗長の晩年」

    第3部 今川氏親の一族と家臣
     Ⅰ 遠藤英弥「今川氏親家督相続前後の小鹿氏」
     Ⅱ 宮本勉「龍津寺殿仁齢栄保大姉について」
     Ⅲ 久保田昌希「今川氏親後室寿桂尼発給の文書について」
     Ⅳ 関口宏行「今川彦五郎を追って――今川彦四郎を正す」
     Ⅴ 前田利久「戦国時代の小川と長谷川氏」

関連商品