×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  話題の新刊»  シリーズ・中世関東武士の研究 第25巻 戦国大名伊達氏

シリーズ・中世関東武士の研究 第25巻 戦国大名伊達氏

遠藤ゆり子 編著
2019年3月下旬
A5・並製・363頁

政宗以前の伊達氏は、戦国時代にいかにして奥州で勢力を築いたのか。稙宗・晴宗・輝宗の時期を中心に、花押の変遷や家督をめぐる対立、庄園村落・水運の支配、系譜関係や文書伝来について考察した11本の重要論文を収録。膨大な先行研究を整理した総論を加え、伊達氏研究の到達点を提示する!


 

NEW

  • シリーズ・中世関東武士の研究 第25巻 戦国大名伊達氏

  • ISBNコード

    978-4-86403-315-2

  • 販売価格

    7,000円(税抜) 7,560円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】

    遠藤ゆり子「総論 戦国大名伊達氏の研究動向」

    第1部 稙宗・晴宗・輝宗期の政治動向
     Ⅰ 黒嶋敏「はるかなる伊達晴宗――同時代史料と近世家譜の懸隔」
     Ⅱ 長谷川伸「越後天文の乱と伊達稙宗――伊達時宗丸入嗣問題をめぐる南奥羽地域の戦国期諸権力」
     Ⅲ 高橋健一「伊達氏「元亀の変」について」
     Ⅳ 大石直正「戦国期伊達氏の花押について――伊達稙宗を中心に」

    第2部 伊達氏の領国支配と文化
     Ⅰ 遠藤ゆり子「伊達領国下の置賜地方――戦国時代の長井荘と村落」
     Ⅱ 渋谷敏己「伊達氏の領国支配の強化と諸役特権――『晴宗公采地下賜録』にみる置賜地方を中心にして」
     Ⅲ 小林清治「中世阿武隈川の水運――在家の呼称を手がかりとする一考察」
     Ⅳ 大越良裕「伊達輝宗家臣遠藤基信と連歌――遠藤基信宛飛鳥井雅敦書状の年代推定をめぐって」

    第3部 伊達氏の系譜と伝来文書
     Ⅰ 羽下徳彦「奥州伊達氏の系譜資料について」
     Ⅱ 菅野正道「伊達家文書の形成過程」
     Ⅲ 星川礼応「『成宗公御上洛之日記写』に関する一考察」

関連商品