×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  話題の新刊»  戎光祥近代史論集2 産業発展と石切場─全国の採石遺構を文化資産へ

戎光祥近代史論集2 産業発展と石切場─全国の採石遺構を文化資産へ

日本遺跡学会 監修/高田祐一 編
A5判・並製・287頁
2019年4月末刊行

石材建築を支えた列島各地の石切場の実態とは? 生産・流通の拡大、石のブランド化、職人・機械の技術革新など、豊富な写真・図版から石材産業の歴史を解明し、文化的活用への道を模索する!


 

  • 戎光祥近代史論集2 産業発展と石切場─全国の採石遺構を文化資産へ

  • ISBNコード

    978-4-86403-316-9

  • 販売価格

    4,000円(税抜) 4,400円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    序にかえて――文化財としての可能性と記録化の意義            
                            
    序章    近代化と日本の石材産業の歴史(乾 睦子)
                    
    第Ⅰ部     北海道・東北・関東の石切場            
        一、    札幌軟石の採掘・利用とその石切場の歴史(長沼 孝)
        二、    山形県高畠町における伝統的石切り技術と石材利用(北野博司)
        三、    栃木県宇都宮市の大谷石―産業・建築・地域における生きられた素材(安森亮雄)
        四、    稲田花崗岩地域における採石産業の成立(乾 睦子)
        五、    千葉県富津市の「房州石」(金谷ストーンコミュニティー・宮里 学・西海真紀・鈴木裕士)
        六、    近代洋風建築に使用された石材「白丁場石」の歴史(丹治雄一)
        七、    「甲州みかげ」の特質と採石遺構の文化財的可能性(宮里 学・宮久保真紀)
                        
    第Ⅱ部     中部・関西の石切場             
        一、    石川県小松市域の凝灰岩石切場(樫田 誠)
        二、    大阪府大東市龍間の近代石材業(黒田 淳)
        三、    「和泉石」をキーワードとした文化財保護の取り組み(三好義三)
        四、    兵庫県東六甲における近世「御影石」石材業の変遷(高田祐一)
                
    第Ⅲ部     中国・四国の石切場        
        一、    香川県豊島石石造文化の歴史と地域社会(松田朝由)
        二、    香川県小豆島の石切場と石の文化(福家 恭)
        三、    明治・大正・昭和期の小豆島石の動向――皇居造営事業とその後(高田祐一)
        四、    島根県来待石の石切場と生産・流通の歴史(西尾克己)
        五、    尾浦石の採石・加工と石屋たちの経営戦略(岩崎仁志)
                
    第Ⅳ部     九州・沖縄の石切場        
        一、    佐賀県嬉野市産「塩田石」の歴史と現状(市川浩文・長﨑 浩)
        二、    天草下浦石の歴史と海を介した流通(中山 圭)
        三、    沖縄における「粟石」の石切場と石切技術(安斎英介)
                
    終章    文化財としての近世・近代の石造文化――現状と課題(坂井秀弥)
                
    付録    文化財指定の石切場関連物件・近代化遺産における石切場(高田祐一 編)

関連商品