×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  戎光祥選書ソレイユ005 中世武士の勤務評定――南北朝期の軍事行動と恩賞給付システム

戎光祥選書ソレイユ005 中世武士の勤務評定――南北朝期の軍事行動と恩賞給付システム

松本一夫 著
四六判・並製・約196頁(予定)
2019年6月中旬刊行予定

戦場であげた武功は、将軍や守護からどのように評価されたのか? 軍勢催促状・着到状・軍忠状・挙状・感状・充行状などを丹念に分析し、複雑な恩賞給付システムの全貌を明らかにする。残された史料から、戦闘方式や兵粮等、南北朝期の合戦の実態にも迫る。

  • 戎光祥選書ソレイユ005 中世武士の勤務評定――南北朝期の軍事行動と恩賞給付システム

  • ISBNコード

    978-4-86403-327-5

  • 販売価格

    1,800円(税抜) 1,944円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 【目次】
    第一部 参陣から恩賞給付までの流れ
     第一章 参陣から軍功認定まで
      1.参陣要請をうける――軍勢催促状
      2.参陣する――着到状
      3.軍功を認めてもらう――軍忠状
     第二章 恩賞を受けるまでの複雑なプロセス
      1.上官の推薦をもらう――挙状
      2.大将から褒められる――感状
      3.あらためて恩賞を申請する――申状
      4.ようやく所領が与えられる――充行状

    第二部 軍勢催促・軍功認定・恩賞給付の再検討
     第一章 軍勢催促をめぐる諸問題
      1.催促をする相手
      2.催促を受けた武士の対応
      3.催促のなかみ
      4.書状による軍勢催促
     第二章 軍奉行・侍所による実検手続き
      1.軍奉行・侍所とは
      2.実検の手続き
     第三章 軍忠状の形式と提出先の問題
      1.二型式の軍忠状とその意味
      2.提出先の異なる軍忠状のもつ意味
     第四章 恩賞申請と給付の問題
      1.恩賞申請と戦線の維持
      2.さまざまな形での恩賞給付

    第三部 南北朝期の戦闘の実像に迫る
     第一章 合戦の結果をも左右した兵粮
      1.兵粮の重要性
      2.兵粮調達の方法と戦場における食
     第二章 南北朝期の戦闘の実態
      1.武器と戦闘のあり方
      2.戦闘に関わる人々
      3.陣所と城郭
      4.合戦の諸相

関連商品