×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  図説»  図説 豊臣秀吉

図説 豊臣秀吉

柴裕之/編著
2020年7月上旬刊行
A5判/並製/192頁

読み応えがある増ページ、オールカラー版!見開きを中心にした読みやすい構成です。
天下人にのぼりつめた激動の生涯を最新の研究成果をもとに解明。出世話の実像、凄惨をきわめた城攻めの様相、全国統一から東アジアに目を向けたもくろみなど、いまもっとも新しい秀吉像を提示します。
さらに、古文書・城郭などの写真や地図・系図をあわせて約200点の図版も掲載。
秀吉個人だけではなく彼を支えた一族・家臣、いまに至る秀吉のイメージ形成まで論じる決定版です。


 

NEW

  • 図説 豊臣秀吉

  • ISBNコード

    978-4-86403-355-8

  • 販売価格

    2,000円(税抜) 2,200円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    いまわかっている秀吉像を明示する―序にかえて(柴裕之)

    トピックス 幻といわれた「京都新城」の遺構の発見!

    第一章 信長との出会いと長浜城主へ(柴裕之・羽柴亜弥)
     1、謎に包まれた秀吉の出自
     2、織田家に仕官し、信長の信頼を得る
     3、美濃斎藤氏との戦いと〝墨俣一夜城〟
     4、京都周辺の政務や合戦に従事する
     5、朝倉氏の討伐と金ヶ崎の退き口
     6、横山城将となり、強敵の浅井氏と対決 
     7、羽柴への改姓と近江長浜城主への就任
     
    第二章 長篠、播磨攻めなど戦いの日々(柴裕之・宮川展夫)
     1、甲斐武田氏を打ち破り、「筑前守」となる
     2、信長激怒!名誉挽回に奔走
     3、織田・毛利戦争のはじまる
     4、責任重大な播磨攻めの担当となる
     5、難敵・別所長治を降して播磨平定
     6、得意の兵粮攻めで鳥取城を落とす
     7、水攻めで追い込んだ高松城攻め
     
    第三章 本能寺の変から天下人へのみち(柴裕之)
     1、本能寺で信長討たれる!決死の中国大返し
     2、準備不足の光秀を山崎で打ち破る
     3、清須会議で台頭のきっかけを獲得 
     4、賤ヶ岳の戦いで、宿敵・柴田勝家を撃破 
     5、大坂城を築き、天下人を目指す 
     6、小牧・長久手の戦いで信雄・家康と激突する
     7、関白への就任と、四国・北陸の平定  
     8、くせ者の家康を従わせる
     9、「豊臣秀吉」となり、九州平定を進める 
     
    第四章 全国統一、そして朝鮮出兵へ(柴裕之)
     1、聚楽第行幸を実現、比類無き君主となる
     2、京都を改造し、一大都市とする 
     3、関東最大の大名、北条氏と対峙する
     4、大軍勢の小田原攻めで、北条氏が滅ぶ
     5、関東・奥羽を治め、「天下一統」を実現
     6、太閤となって「唐入り」実行へ
     7、朝鮮での戦争が勃発する
     8、秀次事件が発生、緊張が走る 
     9、講和交渉決裂!再び朝鮮へ出兵 
     10、サン・フェリペ号事件が起こる
     11、浪速のことも夢のまた夢
     
    第五章 秀吉を支えた一族と家臣(小林雄一郞)
     1、「正室」北政所と「側室」淀殿 
     2、才覚にあふれた弟の秀長   
     3、人質となった妹・朝日姫と母・大政所
     4、悲運な後継者、秀次  
     5、運命を託された子の秀頼
     6、秀吉の養子と養女たち
     7、〝軍師〟竹中半兵衛と黒田官兵衛 
     8、秀吉子飼いの武将たち 
     
    第六章 語り継がれる秀吉像(久下沼譲)
     1、〝豊国大明神〟、神となる秀吉 
     2、『絵本太閤記』、江戸時代のヒーロー 
     3、〝猿〟と呼ばれたのはなぜか
     4、 キリシタンからみた秀吉 
     5、人たらしか、残虐者か―秀吉の実像
     
    コラム
    秀吉への〝信仰〟がいまも続く長浜(柴裕之)
    秀吉によって破却された城(柴裕之)
    訴訟社会を進展させた〝刀狩り〟(柴裕之)
    集大成となった太閤検地(柴裕之)
    〝茶人〟秀吉と千利休(久下沼譲)
     
    豊臣秀吉関連年表
    主要参考文献一覧
     

関連商品