×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  若狭武田氏と家臣団

若狭武田氏と家臣団

河村昭一/著
2020年12月下旬刊行予定
四六判/上製/400頁

若狭守護として足利将軍を支え、戦国大名へ転身を遂げた名族の興亡。
本家・安芸武田氏との関係や領国支配のあり方、主要家臣の出自・系譜、当主・家臣の文化活動も網羅。
若狭武田氏初の通史です。

  • 若狭武田氏と家臣団

  • ISBNコード

    978-4-86403-371-8

  • 販売価格

    3,600円(税抜) 3,960円(税込)

  • 【目次】
     序章 若狭以前の武田氏
      1.武田氏の系譜/2.安芸武田氏の成立/3.南北朝・室町期の武田氏
    第Ⅰ部 若狭武田氏の歴史
     第一章 守護大名武田氏
      1.武田信栄の若狭国守護就任/武田信賢の家督相続とその後の活動/3.応仁の乱と武田信賢・国信/4.将軍の近江出兵と武田国信・元信/5.明応の政変と武田氏
     第二章 戦国大名武田氏
      1.永正の丹後侵攻/2.武田氏の戦国大名化/3.転機となった桂川合戦/4.粟屋元隆の失脚/5.武田信豊の治政/6.武田氏の衰亡/7.織田信長の登場と若狭
    第Ⅱ部 若狭武田氏の領国支配・家臣団・文化
     第一章 武田氏の領国支配
      1.支配機構/2.領国経営を支える財政/3.知行制・軍事編成/4.寺社政策
     第二章 武田氏の主要家臣
      1.粟屋氏/2.逸見氏/3.内藤氏/4.武藤氏/5.山県氏/6.熊谷氏/7.白井氏/8.特異な出自の家臣/9.奉公衆本郷氏と武田氏
     第三章 武田文化――文と武と芸能
      1.武田氏の文芸/2.武田家臣の文芸/3.武田氏の武芸/4.武田氏と芸能
     終章 若狭武田氏の大名としての評価
      1.文武両道に秀でていたのか/2.大名としての能力

関連商品