×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  戎光祥研究叢書20 戦国大名大友氏の権力構造

戎光祥研究叢書20 戦国大名大友氏の権力構造

八木直樹/著
2021年3月下旬刊行
A5判/上製/554頁

最盛期には豊後・筑後・肥後・豊前・筑前・肥前六ヶ国とその周辺地域に広大な領国を形成した戦国期の大友氏を支えた権力構造はどのようなものだったのか?
権力中枢・領国支配・軍事動向・城下町移転をはじめとする国内の問題に加え、中央政権(室町幕府)との関係もふまえ、大大名・大友氏の権力構造の実像を明らかにする。


 

  • 戎光祥研究叢書20 戦国大名大友氏の権力構造

  • ISBNコード

    978-4-86403-379-4

  • 販売価格

    12,000円(税抜) 13,200円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 序章 本書の課題と構成

    第一部 権力中枢と領国支配の構造
     第一章 当主判物の発給過程と年寄制
     第二章 権力中枢における取次と当主側近の役割
     第三章 方分による取次と国人
     第四章 領国支配における検使の役割

    第二部 宗麟・義統と豊後府内・臼杵
     第一章 城下町移転後の豊後府内と臼杵
     第二章 臼杵移転の背景と家臣団
     第三章 軍事的動向からみた耳川大敗後における義統・宗麟の居所
     第四章 二頭政治期における義統と宗麟の関係

    終章 戦国大名大友氏と室町幕府

関連商品