×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  戎光祥研究叢書21 中世の寺社焼き討ちと神仏冒涜

戎光祥研究叢書21 中世の寺社焼き討ちと神仏冒涜

稙田 誠/著
2021年4月中旬刊行
A5判/上製/306頁

寺社焼き討ち、墓の破壊、神仏の恫喝。
宗教の時代とされる中世社会において、これら「神仏冒涜」はなぜなされたのか?
「神威超克」をキーワードに、神仏と中世人の関係性、中世人の心性を明らかにする。

  • 戎光祥研究叢書21 中世の寺社焼き討ちと神仏冒涜

  • ISBNコード

    978-4-86403-384-8

  • 販売価格

    8,400円(税抜) 9,240円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 序章 中世宗教史研究の達成・課題と本書の構成

    第Ⅰ部 神威超克の実態と正当化の論理
     第一章 中世における寺社焼き討ちの実態と神威超克の論理
     第二章 寺院中核焼き討ち考
     第三章 寺社焼き討ち正当化の方便の思想史的考察
     第四章 墓の聖性とその破壊・冒涜

    第Ⅱ部 神仏と中世人の角逐
     第一章 参籠祈願の場における神仏恫喝について
     第二章 戦国時代における神仏唾棄について
     第三章 織田信長の信心・不信心の様相――中世宗教史のなかの信長
     第四章 信仰秘匿の実態とその思想的背景――中世~近世初期を対象に

    終章 まとめと課題・展望

関連商品