×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  ★予約★シリーズ・中世関東武士の研究 第32巻 甲斐源氏一族

★予約★シリーズ・中世関東武士の研究 第32巻 甲斐源氏一族

西川広平/編著
2021年10月上旬刊行予定
A5判/並製/402頁

八幡太郎源義家の弟新羅三郎義光を祖とし、武田・安田・逸見・南部など甲斐国を中心に全国に展開した甲斐源氏。
成立過程、治承・寿永内乱期を中心とした政治的動向、由緒の形成など、13本の重要論文と研究動向をまとめた総論により一族の特徴を探る。

  • ★予約★シリーズ・中世関東武士の研究 第32巻 甲斐源氏一族

  • ISBNコード

    978-4-86403-398-5

  • 販売価格

    7,000円(税抜) 7,700円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】

    総論 甲斐源氏の実像と研究の軌跡 西川広平

    第一部 義光流源氏の展開と甲斐源氏
     Ⅰ 武田義清・清光をめぐって 志田諄一
     Ⅱ 「坂東乱逆」と佐竹氏の成立――義光流源氏の常陸留住・定着を考える 高橋修
     Ⅲ 甲斐国と武田氏 五味文彦

    第二部 鎌倉幕府の成立過程と甲斐源氏
     Ⅰ 甲斐源氏と治承寿永争乱――『内乱過程に於ける甲斐源氏の史的評価』改題 彦由一太
     Ⅱ 源頼朝と甲斐源氏――その政治的地位と支配をめぐって 松井茂
     Ⅲ 頼朝政権と甲斐源氏 木村茂光
     Ⅳ 稲荷社を造営した二人の東国武士 野口実
     Ⅴ 安田義定と遠江国支配 伊藤邦彦
     Ⅵ 山梨・放光寺仁王像について 鈴木麻里子

    第三部 甲斐源氏の由緒
     Ⅰ 安芸逸見氏の系譜 秋山敬
     Ⅱ 南北朝期 安芸・甲斐武田家の成立過程について――由緒とネットワークを中心に 西川広平
     Ⅲ 南松院所蔵武田氏系図について――武田氏系図成立の一考察 西川広平
     Ⅳ 「源氏南部八戸家系」の成立 柳原敏昭

    付録 甲斐源氏関係略系図・関係地図・主要文献 西川広平

関連商品