×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  図説 上杉謙信 クロニクルでたどる〝越後の龍〟

図説 上杉謙信 クロニクルでたどる〝越後の龍〟

今福 匡(いまふく・ただし)/著
2022年3月中旬刊行
A5判/並製/184頁

ライバル武田信玄・北条氏康との激闘、越山を敢行し難敵の関東国衆連合を撃破、織田信長の精鋭軍を手取川で粉砕。
生涯を戦いに明け暮れ、〝軍神〟と恐れられた謙信の全合戦録を、多数の図版とともにクロニクル形式でわかりやすくたどるほか、謙信の合戦を支えた家臣・経済基盤・城郭・信仰を詳細に解説。
最新の研究成果にもとづき、通説に挑む!


 

NEW

  • 図説 上杉謙信 クロニクルでたどる〝越後の龍〟

  • ISBNコード

    978-4-86403-416-6

  • 販売価格

    1,800円(税抜) 1,980円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    プロローグ 越後長尾一族――謙信登場前史

    第一部 〝軍神〟謙信の戦争
    1 多士済々な家臣団と軍役/2 上杉軍団を構成する「衆」/3 軍事を支えた経済基盤/4 都市府中の支配と留守番役/5 戦国を代表する本城・春日山城/6 地方支配の拠点となった支城/7 義の武将像と越山/8 戦争の拠り所となった信仰

    第二部 上杉謙信の生涯
    Ⅰ 誕生、長尾一族としての景虎
    景虎誕生と越後を揺るがす享禄・天文の乱/長尾景虎の登場、断絶していた古志長尾氏を継承

    Ⅱ 家督継承、越後国主への途
    黒田秀忠の乱に対処するため春日山へ入城/景虎の兄・晴景の謎多き人物像/越後を二分する上田長尾氏との抗争

    Ⅲ 上杉憲政の保護、はじめての上洛
    北条氏に逐われた上杉憲政が越後に亡命/宿敵武田信玄と初めての激突、第一次川中島合戦/国主になるため上洛、後奈良天皇との邂逅

    Ⅳ 国衆たちを救うため信濃へ出兵
    長期の睨みあいとなった第二次川中島合戦/本気か演出か? 隠遁騒動と大熊朝秀の謀反/飯山領は渡せない! 高梨氏を援けた第三次川中島合戦/再度の上洛で足利義輝から破格の特権を与えられる

    Ⅴ 北条氏康・武田信玄との激突
    長尾氏の悲願? 椎名康胤を後援し初めての越中出馬/関東を静謐に! 上杉憲政を奉戴し越山敢行/景虎猛攻! 北条氏を小田原城に追い詰める/二百五十名を超える侍の名簿・関東幕注文の世界/ついに激突! 永禄四年の川中島合戦/両雄一騎打ちと勝敗のゆくえ

    Ⅵ 最も頼りとする長尾政景を失う
    永禄五年の越山、近衛前久との訣別/松山城失陥、血気にはやる若者たちを宥める/長尾政景死す、謀殺説の真相は!?/府中・上田・古志長尾家の関係/第五次川中島合戦と呼ばれる塩崎の対陣

    Ⅶ 苦戦する関東・信濃戦線
    原胤貞勢に猛攻をかけるも臼井城攻略に失敗/お膝元の危機! 葦名・武田勢が越後へ侵入/六度目となった永禄十年の川中島合戦/北条高広の離反、危機に陥った佐野在番衆が帰国/佐野・由良・里見、謙信を苦しめた難敵の国衆

    Ⅷ 本庄繁長の乱、北条氏との同盟
    武田氏に通じた本庄繁長が蜂起、揚北衆の去就は!?/総力戦となった村上城包囲、それに乗じた武田は駿府を占領/宿敵北条氏とまさかの同盟!? 越相一和のゆくえ/北条氏政は〝馬鹿者〟 同盟は早々に破綻

    Ⅸ 織田信長と同盟を結ぶ
    越中攻めを本格化、猛攻をかけ諸城を奪取/新進気鋭の信長と同盟、宿敵信玄は志半ばで病により急死

    Ⅹ 相次ぐ関東諸将の離反
    苦戦する金山城攻め、大水に阻まれ羽生城救援に失敗/関東の一大拠点・関宿城をめぐる葛藤

    Ⅺ 時代を見据え、景勝に家督を譲与する
    景勝への家督譲渡、序列を明確にする軍団整備/最後の越山、田畠を蹂躙し耕作不能に/苦節十六年、ついに越中・能登を平定

    Ⅻ 手取川で織田勢を蹴散らすも、突然の死
    決戦手取川! 柴田・滝川ら織田軍の精鋭を粉砕/野望潰える、越山準備中に突然おとずれた死

    エピローグ その後の上杉氏――各所で祀られた謙信

関連商品