×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  城郭»  戎光祥城郭叢書2 織田・豊臣城郭の構造と展開 下

戎光祥城郭叢書2 織田・豊臣城郭の構造と展開 下

中井 均/著
2022年5月下旬刊行
A5判/上製/378頁

織田・豊臣政権によって築かれた城郭にはどのような特徴があるのか?また、それまでの時代の城郭と比べて何が違うのか?
長年にわたって城郭研究をリードしてきた第一人者が、考古学・文献史学・縄張り研究の成果を精緻に分析し、織豊期城郭研究に新たな地平を切り拓く。
上下巻の下巻にあたる本書では、倭城や滴水瓦、織田・豊臣城郭の展開や地域的伝播、近世城郭への変化の問題に迫る。
大坂城、伏見城、江戸城、彦根城、郡山城、丸岡城等、多くの事例から課題に切り込む。
 

NEW

  • 戎光祥城郭叢書2 織田・豊臣城郭の構造と展開 下

  • ISBNコード

    978-4-86403-427-2

  • 販売価格

    8,800円(税抜) 9,680円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    序章 織田・豊臣城郭と近世城郭

    第一部 倭城と滴水瓦
     第一章 日韓城郭比較試論――特に倭城の構造を中心として
     第二章 滴水瓦に関する一考察――なぜ城郭建築に多く葺かれたのか
     第三章 滴水瓦の伝播と展開――特に文禄・慶長役を中心として

    第二部 織田・豊臣城郭の展開
     第一章 織豊系城郭の成立要素――南九州を事例として
     第二章 織豊系城郭の地域的伝播と近世城郭の成立
     第三章 織豊期の城郭と大和
     第四章 筒井城から郡山城へ
     第五章 加納城の構造――特にその平面形態について
     第六章 丸岡城天守台の造営年代
     第七章 越中における前田氏関連の城郭
     第八章 城郭史から見た堀越城
     第九章 城郭史からみた兵庫城

    第三部 近世城郭への変化
     第一章 近世山城井戸考――備中松山城大池を理解するために
     第二章 近世城郭における堀内障壁について
     第三章 織豊系城郭としての江戸城
     第四章 到達点としての彦根城
     第五章 淀城天守の再検討――天守台の発掘調査成果を中心に
     第六章 近江の御茶屋御殿

    終章 研究の課題と展望

関連商品