×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  ★予約★戎光祥選書ソレイユ010 寺社焼き討ち 狙われた聖域・神々・本尊

★予約★戎光祥選書ソレイユ010 寺社焼き討ち 狙われた聖域・神々・本尊

稙田 誠/著
2022年7月下旬刊行予定
四六判/並製/204頁


宗教の時代であった中世社会に、人びとはなぜ寺社を焼かなければならなかったのか?

平重衡による南都焼き討ち、佐々木導誉による妙法院焼き討ち、織田信長の延暦寺焼き討ちをはじめ、全国各地でなされた多数の事例を分析。
武士だけでなく僧侶や民衆による焼き討ち事例も例示。

罪業意識や神罰・仏罰の恐怖を感じながら、人びとはどのようにして焼き討ちを正当化したのか?
「焼いたお堂は後で再建すればよい」「仏に敵対する心を持って焼くわけではないので罪にならない」「焼かれたのは自業自得である」などなど、焼き討ちを正当化する10の方便は必見。

「神威超克」をキーワードに、信仰と現実の間で揺れ動く中世人の心性・葛藤に迫る!
 

  • ★予約★戎光祥選書ソレイユ010 寺社焼き討ち 狙われた聖域・神々・本尊

  • ISBNコード

    978-4-86403-433-3

  • 販売価格

    1,800円(税抜) 1,980円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    序 章 躍動する神仏――中世的宗教世界への誘い
    第一章 苛烈をきわめた寺社焼き討ち
    第二章 狙われた寺社の中核
    第三章 寺社を焼く者の葛藤
    第四章 寺社を焼く葛藤を癒やす処方箋――寺社焼き討ち正当化の方便を探る
    第五章 神仏と中世人の角逐――祈る・脅す・壊す
    終 章 本気で神仏に祈り、挑んだ時代の刻印
     

関連商品