×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  日本の歴史»  シリーズ・織豊大名の研究11 佐々成政

シリーズ・織豊大名の研究11 佐々成政

萩原大輔/編著
2023年8月上旬刊行
A5判/並製/454頁

織田信長の馬廻りから越中国主へと出世し、羽柴秀吉からは肥後国主に抜擢されるも、国衆一揆の勃発を招いた罪を問われ切腹を命じられた佐々成政。
成政の城郭や政治動向、さらさら越えなどに関する重要論考14本のほか、総論・発給文書目録などから佐々成政の実像を明らかにする。

  • シリーズ・織豊大名の研究11 佐々成政

  • ISBNコード

    978-4-86403-477-7

  • 販売価格

    7,000円(税抜) 7,700円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    総論 織豊大名佐々成政をめぐる諸論点  萩原大輔

    第1部 信長政権下の佐々成政
     Ⅰ 小丸城と佐々成政  小泉義博
     Ⅱ 越前における近世瓦生産の開始について――越前市小丸城跡出土瓦の検討  久保智康
     Ⅲ 富山城の起源  金森久一
     Ⅳ 天正中期越中国人の動向  奥田淳爾

    第2部 秀吉政権下の佐々成政
     Ⅰ 越中に於ける佐々・上杉両氏の抗争  金森久一
     Ⅱ 小牧・長久手の戦いと越中――秀吉陣立書と成政の蜂起  高岡 徹
     Ⅲ 「前田・佐々戦争」に関する文献史料について  木越隆三
     Ⅳ 天正十二・三年における佐々成政の動向について――新紹介の村上義長と某宗句の書状を中心として  佐伯哲也
     Ⅴ 「越中国切」をめぐる政治過程――信濃情勢との関わりから  竹井英文
     Ⅵ 中近世移行期の国衆一揆と領主検地――肥後国衆一揆を素材として  大山智美

    第3部 佐々成政のさらさら越え
     Ⅰ 佐々成政の「ザラザラ越え」考  米原 寬
     Ⅱ 佐々成政の浜松行き道筋試案――有沢永貞『雑録追加』所収文書を手がかりに  鈴木景二
     Ⅲ 佐々成政のザラ越えと旧信濃国人・村上義長の動向――鈴木景二氏らの試案によせて、および安房峠追補  服部英雄
     Ⅳ 佐々成政の浜松往復前後の政治過程――村上義長関係文書から  鈴木景二

    付録1 佐々成政の居所と行動  萩原大輔
    付録2 佐々成政発給文書目録稿  萩原大輔
     

関連商品

お問い合わせ

戎光祥出版へのお問い合わせはこちら

03-5275-3361

03-5275-3365

営業時間 9:30~18:30
定休日 土・日曜日、祝日

お問い合わせ