×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  日本の歴史»  中世武士選書49 桃井直常とその一族――鬼神の如き堅忍不抜の勇将

中世武士選書49 桃井直常とその一族――鬼神の如き堅忍不抜の勇将

松山充宏/著
2023年10月上旬刊行
四六判/並製/288頁

越中・若狭・伊賀守護を歴任し、引付頭人にも抜擢され室町幕府を支えた桃井直常は、「観応の擾乱」が勃発すると、足利直義の強力な与党として、北陸から京都・関東を縦横無尽に駆け二度も将軍を京都から追放した猛将として知られる。
そして時には幕府、時には反幕府方として、全国各地で活躍した直信・直弘・盛義ら多士済々の一族たち。
本宗家のみならず、東北から九州まで足跡を残す神出鬼没の一族の動向・史跡・伝承まで網羅した決定版。
幕府に反抗し、謀反人となった桃井氏が復権できた謎にも迫る。

★戎光祥出版 直販限定 特製ポストカード付き

  • 中世武士選書49 桃井直常とその一族――鬼神の如き堅忍不抜の勇将

  • ISBNコード

    978-4-86403-487-6

  • 販売価格

    2,800円(税抜) 3,080円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    第一章 元弘の乱にみる桃井氏の活躍
    第二章 井上氏を討伐するため越中守護になる
    第三章 観応の擾乱と桃井直常の激闘
    第四章 孤軍奮闘する直常
    第五章 直常の終焉地と墓所
    第六章 南北朝争乱後の桃井氏
    第七章 猛将の末裔と伝承・信仰

関連商品

お問い合わせ

戎光祥出版へのお問い合わせはこちら

03-5275-3361

03-5275-3365

営業時間 9:30~18:30
定休日 土・日曜日、祝日

お問い合わせ