×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  日本の歴史»  シリーズ・中世関東武士の研究 第36巻 上杉謙信

シリーズ・中世関東武士の研究 第36巻 上杉謙信

前嶋 敏/編著
2024年2月下旬刊行
A5判/並製/416頁

軍神・義の武将として人気を誇り、戦国時代を代表する人物のひとりである〝越後の龍〟上杉謙信。謙信は、生涯で数多くの国外出兵を繰り返し、周辺諸国に大きな影響を与えた。
本書では、上杉謙信の政治・家臣・発給文書・合戦などに関する18本の論考と謙信に関する研究動向と展望をまとめた総論を収録。上杉謙信の実像と謙信統治時代の越後とその周辺の実態を解明する。

NEW

  • シリーズ・中世関東武士の研究 第36巻 上杉謙信

  • ISBNコード

    978-4-86403-499-9

  • 販売価格

    7,000円(税抜) 7,700円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】

    総論 上杉謙信に関する研究の現状と展望 前嶋 敏

    第1部 上杉謙信の政治動向
    Ⅰ 上杉氏の領国支配   阿部洋輔
    Ⅱ 戦国期の信濃と上杉氏・武田氏   矢田俊文
    Ⅲ 越後府中と「都」の顔――上杉謙信の町並み改造計画   斉藤利男
    Ⅳ 越後府内の御館と上杉謙信との関係について   金子拓男
    Ⅴ 上杉謙信の家督継承と家格秩序の創出   片桐昭彦
    Ⅵ 河田長親と中世の長岡   広井 造
    Ⅶ 動乱の世――戦国・織豊時代の与板   木村康裕
    Ⅷ 上杉輝虎発給文書の花押とその変更   前嶋 敏
    Ⅸ 上杉輝虎の文書と右筆――「富岡家文書」を素材として   福原圭一

    第2部 上杉謙信の軍事と対外政策
    Ⅰ 上杉謙信の軍事編成の特質   平出真宣
    Ⅱ 上杉謙信の地下人動員令   山田邦明
    Ⅲ 上杉輝虎の人質要請   山田邦明
    Ⅳ 越後の「地下鑓」研究ノート   金子 達
    Ⅴ 再考・黒田秀忠の乱――長尾景虎書状と『越後過去名簿』をめぐって   今福 匡
    Ⅵ 幻の川中島合戦   西川広平
    Ⅶ 「関東幕注文」をめぐって   池上裕子
    Ⅷ 上杉謙信の草津湯治   久保田順一
    Ⅸ 上杉氏の越中支配について――河田長親と須田満親   金龍教英

関連商品

お問い合わせ

戎光祥出版へのお問い合わせはこちら

03-5275-3361

03-5275-3365

営業時間 9:30~18:30
定休日 土・日曜日、祝日

お問い合わせ