×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  中世武士選書20 大内義隆―名将が花開かせた山口文化

中世武士選書20 大内義隆―名将が花開かせた山口文化

米原正義 著
2014年4月刊行
四六判/並製/248頁

御器量無双の御人躰、世に隠れなく候(「言延覚書」)。 長きにわたる出雲尼子氏との戦いや、陶晴賢の謀反による壮絶な最期など、明快な文章で激動の生涯を辿る。 山口に大内文化を花開かせた名将の一代記。

  • 中世武士選書20 大内義隆―名将が花開かせた山口文化

  • ISBNコード

    978-4-86403-110-3

  • 販売価格

    2,500円(税抜) 2,750円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    第1部 義隆以前の大内氏
     第1章 大内氏の登場と妙見信仰
     第2章 大内氏と室町幕府
     第3章 大内政弘と応仁の乱
     第4章 天下の重鎮・大内義興

    第2部 大内義隆とその時代
     第1章 義隆の前半生
     第2章 険難の山陰路
     第3章 大内文化の興隆
     第4章 陶隆房の謀反
     第5章 大寧寺の激戦と義隆の最期
     第6章 大内氏の滅亡

関連商品