×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  日本の歴史»  中世武士選書22 北畠顕家―奥州を席捲した南朝の貴族将軍

中世武士選書22 北畠顕家―奥州を席捲した南朝の貴族将軍

大島延次郎 著
2014年6月刊行
四六判/並製/207頁
※帯無し

南北朝の動乱期に鎮守府将軍として奥州を支配。 南朝の輿望を一身に担って各地を東奔西走し、若くして戦陣に散った名将の激動の一代記。

  • 中世武士選書22 北畠顕家―奥州を席捲した南朝の貴族将軍

  • ISBNコード

    978-4-86403-118-9

  • 販売価格

    2,500円(税抜) 2,750円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】
    第1章 北畠家一門と顕家の少年時代
    第2章 義良親王を奉じ奥羽へ下向
    第3章 足利尊氏の謀叛と諸氏の動向
    第4章 東北諸将の去就と霊山入城
    第5章 顕家の西上とその最期
    第6章 顕家の上奏文について
    第7章 親房の関東経略
    第8章 顕信の奥羽経略と浪岡御所

関連商品