×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  日本の歴史»  シリーズ・中世西国武士の研究 第6巻 伊勢北畠氏

シリーズ・中世西国武士の研究 第6巻 伊勢北畠氏

大薮 海/編著
2024年7月上旬刊行
A5判/並製/363頁

伊勢国司家として、南北朝時代には南朝の存続を支えた公家でありながら、室町時代以降には伊勢国南部を中心に勢力を持った地域権力・戦国大名として活動していた伊勢北畠氏。
本書では、伊勢北畠氏の権力・政治動向・史料・城郭などについての重要論考14本と、これまでの伊勢北畠氏に関する研究を網羅的にまとめた総論により、戦国時代まで命脈を保った特異な一族・伊勢北畠氏の実像に迫る。

NEW

  • シリーズ・中世西国武士の研究 第6巻 伊勢北畠氏

  • ISBNコード

    978-4-86403-533-0

  • 販売価格

    7,000円(税抜) 7,700円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【目次】

    総論 北畠氏研究の整理と概観   大薮 海

    第1部 伊勢北畠氏の領域支配          
     Ⅰ 南北朝初期における伊勢国司北畠氏   中野達平
     Ⅱ 室町前期における北畠氏の動向   中野達平
     Ⅲ 戦国大名北畠氏の権力構造――特に大和宇陀郡内一揆との関係から   西山 克
     Ⅳ 伊勢国司北畠氏の神三郡支配に関する一試論   小林 秀
     Ⅴ 戦国期における畿内近国大名の権力構造――北畠氏を中心として   小林 秀
     Ⅵ 伊勢北畠氏領の人夫役と請状   池上裕子
     Ⅶ 中世後期の地域情勢と大名権力――北畠氏による領域支配の実態   伊藤裕偉

    第2部 伊勢北畠氏の史料
     Ⅰ 北畠家連歌合に就いて   福井久蔵
     Ⅱ 伊勢国司北畠氏の花押について   小林 秀
     Ⅲ 浄眼寺所蔵伊勢国司北畠政勝(無外逸方)像の画像調査について   大久保 治・小林 秀・大川 操
     Ⅳ 市原市光明寺に伝わる中世文書   戸谷穂高

    第3部 伊勢北畠氏の城館と多気
     Ⅰ 北畠氏領域における阿坂城とその周辺   伊藤裕偉
     Ⅱ 北畠氏館跡の石垣   竹田憲治
     Ⅲ 北畠氏の中世都市 多気   竹田憲治

関連商品

お問い合わせ

戎光祥出版へのお問い合わせはこちら

03-5275-3361

03-5275-3365

営業時間 9:30~18:30
定休日 土・日曜日、祝日

お問い合わせ